育児休暇中にもプレッシャーはかかる

看護師が子育てに専念したい時には育児休暇を取得したいと考えるでしょう。
基本的な仕組みとして出産からの一年間は仕事をしないで自宅で子育てに専念できるようにするものであり、一年後には復職するのが前提になっています。
その点に関して取得の申請を行った時にプレッシャーを受けることが多くなってきました。
看護師としての仕事と子育てを両立しながら続けていくのは大変なのは確かであり、実際には育児休暇を取得してから戻ってこない人も増えているのです。
現場としては復職するのを前提にして人事を行っているので、退職するのなら出産の時に退職を決断しておいて欲しいというのが本音でしょう。
しかし、病院側としては有能な看護師を失いたくはない!という考えもあるのは事実であり、何とか戻ってきて欲しいという願いを込めてプレッシャーをかけてしまっている事例が増えています。
離職してしまう看護師が多いこともこの傾向を強めていますが、プレッシャーを受けるのが原因で育児休暇を取得しないという傾向が生じてきていないのはせめてもの救いでしょう。
復職してからの支援制度も充実するようになった事で、仕事に戻るプレッシャーを受けても制度が利用できるのを前提にして復職しやすくなっています。
現状としては育児休暇を取得して現場に戻ってこない看護師は後を絶ちませんが、制度の充実によってだんだんとその傾向がなくなり、プレッシャーを感じずに育児休暇を気軽に取得できるようになるでしょう。