新人教育は自分を成長させるチャンス

病院では体系的な教育システムが作り上げられていることが多く、数年間の勤務をした看護師が教育の担い手になることが多いです。
プリセプター制度やアドバイザー制度などの様々な教育システムがあるのですが、教育の仕事を担うことになるのはプレッシャーになりやすいのが事実でしょう。
自分も教育を受けてきたのだから仕方ない、という気持ちで取り組むのですが出来れば避けたいと思っている人が多いようです。
ようやく現場で活躍できる程度の知識やスキルが身につき、現場で必要とされるようなレベルに達した段階になった頃なので、新人教育よりも仕事に勤しみたいという気持ちが強いのでしょう。
このタイミングで教育を担うのがプレッシャーになるのはもっともであり、本当ならもう少し現場経験を積んでから自信を持って教育に携わりたいと考える看護師もいるようです。
しかし、このタイミングで教育が任されるのには理由があることは知っておくと良いでしょう。
教育を行うことによって別の視点から看護師の仕事について理解を進められるため、成長を助けることになると考えられているのです。
根拠を持って説明することが必要になるのが教育の特徴であり、自分の知識もスキルも理論的に正しいかどうかを再確認する機会になるでしょう。
結果として教育を行う過程で新しい知識を身につけてスキルも精錬させられる看護師は多く、さらなる成長の機会となっているのです。
プレッシャーになるのは事実ですが、教育の仕事を担う事に前向きになるとさらなる成長が期待出来ると思いますよ。