キャリア志向のある現場でのプレッシャー

病院ではキャリア志向が強まっている傾向があり、看護師に対して高いプレッシャーがかかっている場合もあります。
職場として特に指示をしていない場合でも、キャリア志向が強い看護師が集まっていて必然的に必死に仕事に励みつつ、勉強もしなければならないような環境ができている場合もあるでしょう。
そのような環境ができているかどうかは職場によって違いがあります。
キャリア志向があるのなら良い職場となりますが、現場で今できる仕事を重視して働いていきたい看護師にとっては余計なプレッシャーになってしまうでしょう。
その場合には別の職場を選ぶのが自分にとっても周りの看護師にとっても良い選択になります。
キャリア志向が強い職場であまりその気持ちがない様子を見せてしまうと人間関係に支障が生まれやすく、やる気を持っている看護師の気持ちを揺らがせてしまう原因にもなりかねません。
合わせていくのも大変になりやすいので、今の仕事を重視する職場を選んだ方が互いにメリットがあります。
中規模以下の病院ではキャリアを作り上げることよりも、今の仕事を処理しなければならないという現実的な問題を抱えていることが多いので優れた職場の候補になるでしょう。
個々の職場で違いこそありますが、地域に密着している病院ではその地域の医療を重視する傾向が強く、将来よりも今を大切にして医療を行っていると期待できます。
プレッシャーを感じたときにはそのような視点で病院を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です