自分自身のスキルアップに繋がる経験

看護師は、もともとストレスが多いと言われている仕事ですが、少しでも負担を感じずに働けるようにするのが精神衛生上良いと考えられるでしょう。
だからこそ仕事をする上でプレッシャーを受けるのは良くないと考える人もいます。
確かに過度なプレッシャーを受けると医療ミスにもつながったり、過労になって働けなくなったりしてしまうリスクはあるでしょう。
しかし、必ずしもプレッシャーが悪いものではないという認識もしておくのが賢明です。
看護師が一人前になって働けるようになるには年月がかかり、それからも高度化する医療や多様な要求をする患者に対応できるように成長していかなければなりません。
時代が変われば要求される内容も変わるため、それに順応していく力が求められているのです。
漫然と仕事をしてしまっていると世の中に順応できずに遅れをとってしまうことになりかねません。
仕事に対してプレッシャーがあり、外から要求されることが多くなるほど自分を成長させる機会に恵まれるでしょう。
不満をこぼされたというだけでも、それを真摯に受けとめて自分に何ができるかと考えるようにするのが大切です。
スキルが必要とされているのなら自分から積極的に身につけて現場の求めに応じられるようにしましょう。
このようにしてプレッシャーに応えていくことが仕事のできる看護師として現場での地位を維持することにつながります。
プレッシャーをストレスとは思わずに、自分を成長させていくものという視点を持つと良いでしょう。
どうやってプレッシャーと向き合えば良いのか?プレッシャーに勝つ方法とは何か?がわからなくて悩んでいる人は、これらの情報が載っているサイトを覗いてみると悩みが解決出来るかもしれませんよ。…参考情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です